ジョルテに他の共有Googleカレンダーを表示する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

Googleカレンダーでは、複数のカレンダーを持つことができます。
例えば仕事の予定を書き込むカレンダー、プライベートの予定を書き込むカレンダーと分ける事ができますし、サークルや家族と共有のカレンダーを持つ事もできます。

Googleカレンダーは今や生活になくてはならないレベルのクラウドソフトウェアだと思います。
このGoogleカレンダーをスマートフォンで最大限利用するために、フリーで高機能、Googleカレンダーに同期可能な「ジョルテ」をお使いになられている方は多いかと思います。

そこで本日は、ジョルテ上に複数のGoogleカレンダーの情報を表示する方法をお伝えします。

PR

Androidカレンダーの更新

まず、AndroidOSに元々付属しているカレンダーを開きます。
全てのアプリケーションの中から「カレンダー」で検索をかければでてきます。
2013-08-14_01-12-09

それを立ち上げたら左上にある「複数カレンダー」というボタンにタッチしてみましょう。
この中に既にGoogleカレンダー内で管理している全てのカレンダーが表示されているはずです。
最下部の2つを、新たにジョルテに追加したいと思います。
初見ではチェックが入っていない状態だと思いますので、チェックを入れましょう。
2013-08-14_01-15-41

もし、この中に目的のカレンダーが表示されていない場合、Googleアカウントの同期更新が上手く行っていない状態だと思います。
その場合、後述の手段で同期を済ませてください。

実は、ジョルテはジョルテそれ自身がGoogleカレンダーと同期しているワケではなく、AndroidOSのカレンダーに依存しているのですね。
つまり ジョルテ ⇔ Androidカレンダー ⇔ Googleカレンダー という関係です。

ジョルテに反映させる為には、まずAndroidのカレンダーをGoogleの必要なカレンダーと同期させて上げる必要があったという事です。
以上の作業で、複数のカレンダーをAndroidのカレンダーに受け入れる準備が整いました。

では次に、この設定を踏まえて、改めてGoogleとカレンダーの同期を試みます。

Android自体のGoogleカレンダー同期

Androidの設定キーを押して、設定画面に入ります。
この中の、「アカウントと同期」にタッチします。
syncSet

中に入ったら上の方にある自動的に同期がONになっているかを確認しておいてください。
そして、アカウント管理リストのなかのGoogleアイコンの行に注目しましょう。
Googleロゴの右側の、矢印がグルっと回っているアイコンがアクティブになっていますか?
グレーの場合、非アクティブなので、タッチしてアクティブにしておきましょう。
そして、Googleのアイコンにタッチします。
2013-08-14_19-25-53

少し下にスクロールすると「カレンダーを同期」のチェックボックスがあります。
このチェックを一旦外して、もう一度チェックを入れなおしてください。
カレンダーの情報だけ、更新・同期されます。
2013-08-14_01-21-25

以上で、最新のGoogleカレンダー情報がAndroidの中に入りました。

もう一度、Androidのカレンダーをたちあげて、Androidの設定キーにタッチし、メニューから更新にタッチしてみましょう。
目的の、複数のカレンダーのスケジュール情報が表示されるようになったと思います。

2013-08-14_01-12-20

ではようやく、いよいよジョルテの設定です。

ジョルテ:複数のカレンダー情報の表示

ここまで来れば、後はジョルテ側で必要な設定はありません。
単純に更新をしてやればAndroidカレンダーと同じ情報がジョルテカレンダー内に書き込まれます。

ジョルテをたちあげて、Androidの設定キーを押して、設定メニューを開きます。
その中の「その他」から・・・
2013-08-08_19-30-00

「設定」
2013-08-08_19-30-14

「カレンダーの設定」と進みます。
2013-08-08_20-06-12

「イベントカレンダーの設定」の分類から、「今すぐ更新」にタッチしてジョルテカレンダーを更新します。
2013-08-14_19-59-11

これでジョルテに複数のカレンダーの情報が表示出来るようになりました。
なかなか大変な道のりですが、慣れて理解してしまえば理屈通りの道筋です。
では、読者の皆様方におかれましても良きクラウドライフをお楽しみ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加