Androidスマフォで名刺をスキャン!簡単名刺管理ソフトCamCard LITE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

皆さんは名刺の管理をどうしていますか?

かのホリエモンこと堀江貴文さんがLivedoor代表をされていた時、大量の名刺フォルダーに嫌気が差し、社内に名刺用のデータベースを構築されたという話です。
データベースで名刺を管理するというのはさすがIT企業の社長さんらしい考え方ですが、個人が1から名刺データベースを構築・運用するというのはハードルの高い事ですよね。

しかし今、スマートフォンとその搭載カメラを使って誰でも簡単に名刺データベースを運用出来る方法が登場しました。
それが今からご紹介する「CamCard」です。

PR

CamCard LITE

上述の通り、スマフォのカメラを使って名刺を撮影し、OCR(光学式文字読取装置)技術を駆使して名刺のデータベースを簡単に構築する事ができるアプリです。

しかも、有料会員になれば名刺のデータはクラウドサーバー上に保管されネットにつながった端末からいつでもアクセスできるようになります。
認識率も高く、試用してみて非常に便利だったのでご紹介します。

CamCard LITE:インストール

AndroidのPlayストアの検索窓にCamCardと入力してください。
CamCard Liteというアプリが表示されると思いますので、こちらをインストールしてください。インストールが終われば早速起動してみましょう。

起動すると3つのメニューが表示されます。

  1. 写真を撮る
  2. 写真を選択
  3. 名刺入れ

の3つです。

では使い方をご説明します。

CamCard LITE:写真を撮る

写真を撮るを選択すると以下の様にスマフォのカメラが起動します。

白の枠線のなかに名刺が収まる様にして撮影します。
右上の赤枠のなかにスイッチがありますが、これは複数の名刺を一気に処理したい時に下のアイコンを選択するという事です。
通常一枚だけ名刺情報を取り込む際には上に合わせて撮影してください。

そしてここが一番の見所なんですが、写真を撮影するとアプリによる画像処理が始まります。きちんと真上から撮影しなくてもソフトが自動的にパースを調整し綺麗な長方形に収まる形に修正してくれます。

それで処理が終わると以下の画像の様に、名刺に書かれている各種情報が文字認識機能(OCR)によって読み取られ、自動的に各欄を埋めてくれます。
識字率は私の試用した範囲ではものすごく高い印象です。ちなみに三枚撮影しましたが、かなり特殊な文字以外はすべて正確に読み取られていました。
赤枠の所にはカメラが認識した名刺の名前の部分の画像が表示されます。

個人情報なのでボカシなしでご紹介できないのが残念なのですが・・・

名刺の裏側の画像も保存する事が可能です。

名刺データの保存

さて、保存の段ですがいろんなアカウントに同期出来るようですね。

ここではこのアプリに管理させたいのでCamCardを選択しました。
CamCardの内部データベースに保存されるようです。

CamCard LITE:写真を選択

「写真を撮る」では撮影からアプリのガイドに沿って行う形でしたが、あらかじめ名刺を撮影した画像があればそこから取り込む事も可能です。

CamCard LITE:名刺入れ

「写真を撮る」もしくは「写真を選択」から取り込んだ名刺データはここで管理する事ができます。

右方向にスワイプ(指で画面をシュっとなぞる動作)するとサブメニューが表示されて名刺データの分類をする事が可能です。

また名刺のなかから一枚を選んで、名刺の各情報を料理する事も可能です。
例えば、以下の画像の赤枠内アイコンを御覧ください。

それぞれ以下の機能を使用する事ができます。

  • 電話のアイコン: 電話をかける
  • SMSのアイコン: SMSを送る
  • メールのアイコン: メールを送る
  • ピンのアイコン: 住所をマップで開く
  • 地球のアイコン: URLをブラウザで開く
  • inのアイコン: LinkedInサービスを起動

これらは読み取った名刺情報を用いて自動的に起動します。
メールアイコンを押せば名刺に書いてあるメールアドレスが宛先欄に入力された状態でメールソフトが起動する。といった形です。

LinkedInというのは米国で展開されているビジネスに特化したSNSという事で、基本的に日本人の人にはあまり関係ない感じですね。ただし、将来的にFacebook等の情報にアクセスできる様になる可能性は高そうです。

スマフォの設定ボタン

名刺閲覧時にスマートフォンの設定ボタンを押すと、以下の画像の様なメニューが表示されます。

ここでシェアを選択すると、該当名刺のデータベース情報をまとめて外部にアウトプットする事ができます。

Eメールを選択するとメールを使って名刺の全情報をおくる事が可能です。
この際、ちゃんと名刺の画像も添付されているのがわかります。

CamCard LITE:有料化

至れりつくせりのCamCardですが、無料版には名刺を保存できる枚数に制限があります。アプリ使用開始時に10枚、それからは毎週2枚ずつ追加となかなかニクイ制限です。これらの制限を解除するには有料化する事が必要です。
価格は939円(2012年11月12日現在)
頻繁に名刺を交換する人にとって、これはひょっとしたら安い買い物かもしれませんね。
有料化する事によってCamCardが管理しているクラウドサーバーに名刺をバックアップする事も可能になります。

この非常に完成度の高いソフトウェア、現代を感じさせる名刺管理の方法として一度お試しになられてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加