Google Drive 機能、料金まとめ – Google新たなクラウドサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

PR

Google Drive とは

Googleが4/24発表した新しいクラウドサービスの名称である。
いわゆるオンラインストレージサービス(クラウドストレージ)にあたり、DropBoxやSugarSyncの競合としての登場となるとおもわれる。
Googleにも既にクラウドストレージサービスとしてGoogleDocumentという物があったのだが、
こちらはいかにも旧時代的な代物で、DropBoxを始めとするサービスの提供するアプリケーションの様に、
あるノード(端末)からアップロードされたファイルを検知し、アプリケーションをインストールしているノードがファイルを自動的にダウンロードし、
同期をするような機能は持っていなかった。
なので、今回はそのあたりを強化してのリニューアルサービスだということかと。

Google Drive その機能

Google Drive プラン一覧

  • 2.49$/月 で25GBプランにアップグレード
  • 4.99$/月 で100GBプランにアップグレード
  • 9.99$/月 で200GBプランにアップグレード
  • 19.99$/月 で400GBプランにアップグレード
  • 49.99$/月 で1TBプランにアップグレード
  • 99.99$/月 で2TBプランにアップグレード
  • 199.99$/月 で4TBプランにアップグレード
  • 399.99$/月 で8TBプランにアップグレード
  • 799.99$/月 で16TBプランにアップグレード
  • 有料プランへアップグレードで、Gmailの容量も25GBにアップ。

Google Drive アプリケーション

MACOS iOS Android Windowsでそれぞれ対応する様だが、今の所まだ公開されていない。
近日中に続報があるものと思われるので、追ってご紹介したいと思う。

Googleはオンラインストレージ業界では後発であるためか、無料で5GBという、この業界では最大容量のサービスを提示してきた。
その上、Google Drive独自の技術もそれを支えている。無料2GBのDropBoxやSugarSyncにとってはまさに脅威だろう。
ユーザーの取り合いは必至であり、この事によってDropBoxやSugarSync、その他のクラウドストレージサービスは無料容量を増やす判断を迫られるだろう。
一つの革命を迎えた形で、今後がとても楽しみである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加