Androidの音楽認識、サーチアプリ SoundHound [Shazam系]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

街で流れる音楽に心奪われる事ってありますか?
筆者はよくあります。カフェで流れる音楽や、クラブで流れる音楽、ラジオから流れる音楽
そんな音楽を家に持ち帰ってすぐに聞けたら・・・。と思ったらこのSoundHoundがおすすめ。
筆者がガラケーから変えてよかった~と思える理由の一つになりえる程に、便利でありがたいアプリだよ。

PR

SoundHoundとは:

iOS Android両対応の音楽取得アプリケーションである。
音楽取得アプリケーションって一体?と思う人多かろうと思うのでちょっと説明。
上述の通り、街で流れる音楽やラジオから流れるBGMなど、世の中には音楽があふれていますが、
よっぽどサビでタイトルを連呼するような曲以外は、曲自体からタイトルを想像するのは難しいです。

でも音楽って言うのはタイトルが分からない事には手に入れる事ができませんね。
もしくは鼻歌を歌って、曲を知ってそうな人に聞いてもらって教えてもらうか・・・。

その両方を可能にしたのがこのSoundHoundです。

SoundHoundのインストール:

では早速インストールしてみましょう。
アプリゲットにつき、お決まりの「Playストア」(旧名称アンドロイドマーケット)をたちあげて
「SoundHound」で検索しよう。

上の物が表示されたら選んでインストール。
SoundHoundには2種類あってSoundHound∞というものも存在する。
このアンリミテッドにすると何ができるのかわからないんだけれども、
とりあえず無印の奴が無料で、基本的にこまる事はないので、わざわざ450円も出して「∞」を買う必要はないかと・・・。

まあ素晴らしいソフトウェアなので、開発者に敬意を込めて寄付の意味合いで買うのもアリだとは思います。

SoundHoundの使い方:

インストールが終わったら早速たちあげてみよう。
使い方はとても簡単。起動すると以下の画面になるはず。

そしたら音楽の流れている所に行って「ここをタップ」と書いてある所にタッチしてみよう。

音量インジケーターが現れて、オレンジ色の円が弧を描く間、音源にスマートフォンを近づけたままにしておく。

10秒くらいそのままにしておくと、その間に自動で曲のデータをサーバーに送ってデータベースに問い合わせしてくれる。

センターサーバーのデータベースの中に曲データがあれば、その楽曲のタイトル、アーティスト、収録アルバムなどの情報をスマートフォンに届けてくれるという仕組みだ。

ここで曲が見つかれば、晴れてあなたは知らない曲のタイトルを知ることができるという事になる。

ちなみに、タップして曲聞き取り状態にして鼻歌や歌を歌うことでその曲を探す事もできる。
できるらしいが・・・自分は成功した事がない。

音痴過ぎるのだろうか・・・orz

SoundHoundの検索履歴:

さらにすごいのが、検索の履歴を残す事ができる所である。

その上、その履歴を用いて、データを色々と料理する事ができる。

例えば、その曲名でYoutubeをワンタッチで検索し、すぐに動画にアクセスできるようになったり。

もしくはツイッターやフェイスブックなどの話題の共有サービスに拡散したり等。

曲情報を手に入れるだけでなく、応用にまで気を利かせてくれている点が、このソフトの凄い所だと思う。


この様に、一度検索した楽曲はSoundHoundの中に記録されて行く。


購入や、共有、Youtubeの視聴など、曲情報を元にネットを使って更に応用の幅を持たせてくれる。

iPhoneを使っている頃はShazamという音楽聞き取り取得ソフトを使っていたけれど、これは無料ではなかった。
AndroidはiOSに比べて色々とフリーで手に入る率が高いなあと思う。

まあその事が業界全体の首を締めているような部分にもなりかねないので、購入できるソフトは購入して上げるという事も
大切な事なのかも知れないなあと最近は思っています。

では、よいミュージックライフを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加